不景気.com > 国内リストラ > 「コロムビアミュージックエンタテインメント」が全社員の減給を実施

「コロムビアミュージックエンタテインメント」が全社員の減給を実施

「コロムビアミュージックエンタテインメント」が全社員の減給を実施

音楽ソフトの制作・販売を行う「コロムビアミュージックエンタテインメント」は、全社員を対象にした減給の実施を明らかにしました。

同社では、収益改善を目的とした不採算事業の見直しや人員規模の適正化などによるリストラ策をすでに実施しており、昨年12月には執行役や管理職社員の報酬・給与削減を行っていました。

しかし、その後も景気回復の兆しが見えないなか、当期黒字化を目標に掲げる同社は、執行役や管理職社員のみならず、その対象を全社員にまで広げ、難局を乗り切る方針。

執行役・管理職社員の報酬・給与は5%の追加削減となり、前回の削減分と合わせると11.5%~15%の削減率。特定の期限を設けず、業績回復が確認されるまで実施予定。

一方、管理職以外の社員は5%の給与削減になる見通し。実施期間は2010年3月までの予定。

今回の人件費削減により、約7000万円の固定費削減効果があるとのことです。

人件費削減に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事