不景気.com > 国内倒産 > 横浜の3次元LSI研究・開発「ザイキューブ」に破産開始決定

横浜の3次元LSI研究・開発「ザイキューブ」に破産開始決定

横浜の3次元LSI研究・開発「ザイキューブ」に破産開始決定

官報によると、神奈川県横浜市緑区に本拠を置く半導体関連技術研究・開発の「株式会社ザイキューブ」は、7月30日付で東京地方裁判所立川支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2002年に設立の同社は、電子機器メーカーや大学をはじめとする研究開発機関を取引先として、3次元LSI技術の研究・開発・試作品製作を主力に事業を展開し、「横浜知財みらい企業」に認定されたほか、公的助成事業を多く受託するなど評価を高めていました。

しかし、多額の研究開発費が負担となり採算が悪化すると、補助金の減少なども重なり資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

資本金は3400万円、従業員数は7名で、帝国データバンクによると負債総額は約2億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事