不景気.com > 赤字決算 > ココスの20年3月期は2億円の最終赤字へ、売上減で

ココスの20年3月期は2億円の最終赤字へ、売上減で

ココスの20年3月期は2億円の最終赤字へ、売上減で

ゼンショーホールディングスの子会社で、ジャスダック上場のファミリーレストランチェーン「ココスジャパン」は、2020年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が2億7800万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2020年3月期通期連結業績予想:ココスジャパン

売上高営業損益純損益
前回予想 578億700万円 8億500万円 2億8500万円
今回予想 556億2700万円 1億2400万円 △2億7800万円
前期実績 574億3800万円 7億9800万円 2億8700万円

第1四半期の既存店売上高が前年同期比で94.6%に落ち込み、通期でも減収を見込むことに加え、メニュー改訂による原価率の上昇や人件費の増加も重なり、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ココスジャパン

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事