不景気.com > 赤字決算 > コカ・コーラBJHの19年12月期は567億円の赤字へ、のれん減損

コカ・コーラBJHの19年12月期は567億円の赤字へ、のれん減損

コカ・コーラBJHの19年12月期は567億円の赤字へ、のれん減損

東証1部・福証上場のボトラー大手「コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス」は、2019年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が567億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年12月期通期連結業績予想:コカ・コーラBJH

売上高営業損益純損益
前回予想 9233億円 88億円 52億円
今回予想 9233億円 △531億円 △567億円
前期実績 9273億700万円 146億8200万円 101億1700万円

物流費の高騰や原材料価格の上昇により採算が悪化するなか、2017年4月の経営統合に伴う旧コカ・コーライーストジャパンの取得により、のれんの減損損失として618億5900万円を計上することから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事