不景気.com > 国内倒産 > CD・DVD販売の「小樽管財」に特別清算決定、負債30億円

CD・DVD販売の「小樽管財」に特別清算決定、負債30億円

CD・DVD販売の「小樽管財」に特別清算決定、負債30億円

官報によると、東京都中央区に本拠を置く元CD・DVD販売の「株式会社小樽管財」(旧商号:株式会社玉光堂)は、6月27日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1942年に北海道小樽市で創業の同社は、「玉光堂」や「バンダレコード」の屋号で音楽・映像ソフトや楽器の販売を手掛けていました。

しかし、インターネットによる音楽・映像配信の普及などで業績が悪化すると、その間の親会社変更などを経て、2018年に事業を譲渡した一方、自らは2019年1月に現商号に改称し事後処理を進めていました。

負債総額は約30億円の見通しです。なお、店舗は事業を継承した会社により営業が継続されています。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事