不景気.com > 企業不況 > フルッタフルッタを猶予期間入り銘柄に指定、債務超過7億円

フルッタフルッタを猶予期間入り銘柄に指定、債務超過7億円

フルッタフルッタを猶予期間入り銘柄に指定、債務超過7億円

東京証券取引所は、マザーズ上場でアサイー輸入・販売の「フルッタフルッタ」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2019年3月期決算において7億7500万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間となる2020年3月31日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

アサイーブームの一巡に伴い売上が低迷しているほか、原材料在庫の消化が進まず、3億7500万円の評価損を計上するなど業績が悪化しています。今後は、台湾での店舗展開をはじめとするアジアでの販売拡大などにより、業績回復を目指す方針です。

上場廃止に係る猶予期間入り:(株)フルッタフルッタ | 日本取引所グループ

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事