不景気.com > 国内倒産 > 鳥居薬品が複数部門を廃止、支店数を半減

鳥居薬品が複数部門を廃止、支店数を半減

鳥居薬品が複数部門を廃止、支店数を半減

JT傘下で東証1部上場の医薬品メーカー「鳥居薬品」は、部門の廃止や支店の統廃合をはじめとする機構改革の実施を発表しました。

廃止となる部門は、総務部・能力開発部・開発管理部・研究所・臨床開発部の5部門で、これらの機能は社内他部門や親会社のJTへ移管します。

また、全国に設置する14支店について、名称を支店から支社に変更するとともに、拠点数を7支社に半減します。

薬価制度改正の影響で長期収蔵品の収益性が低下しており、医薬品の外部製造委託や譲渡を進めるとともに機構改革による合理化が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

機構改革の実施について:鳥居薬品

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事