不景気.com > 国内倒産 > 「さいたま記念病院」運営の一成会が民事再生、負債16億円

「さいたま記念病院」運営の一成会が民事再生、負債16億円

「さいたま記念病院」運営の一成会が民事再生、負債16億円

信用調査会社の帝国データバンクによると、埼玉県さいたま市に本拠を置く「医療法人一成会」は、4月24日付で東京地方裁判所より民事再生手続の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1965年に設立の同法人は、1985年に「さいたま記念病院」の前身となる病院を開設しました。現在のさいたま記念病院は、一般病棟104床・療養型病床40床・リハビリテーション病棟55床の全199床からなる一般病院で、また、2008年には介護老人保健施設の「かわぐちナーシングホーム」(埼玉県川口市)を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、近年は患者数の減少などから収益が悪化すると、設備投資に伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約16億円の見通しです。

「さいたま記念病院」運営の一成会、民事再生(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事