不景気.com > 赤字決算 > メドレックスの19年12月期は9億円の赤字へ、追加開発費用で

メドレックスの19年12月期は9億円の赤字へ、追加開発費用で

メドレックスの19年12月期は9億円の赤字へ、追加開発費用で

東証マザーズ上場の創薬ベンチャー「メドレックス」は、2019年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が9億4300万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年12月期通期連結業績予想:メドレックス

売上高営業損益純損益
前回予想 10億900万円 △6億5000万円 △6億4300万円
今回予想 10億900万円 △9億4900万円 △9億4300万円
前期実績 800万円 △12億7300万円 △12億6700万円

アメリカにて開発中の神経疼痛治療薬について、アメリカ食品医薬品局から要求された安全性を確認するための臨床試験などにかかる費用として、2億9900万円を販売費および一般管理費に計上したため、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:メドレックス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事