不景気.com > 国内倒産 > 元ボーリング場経営「日本産業」に破産決定、横井英樹氏創業

元ボーリング場経営「日本産業」に破産決定、横井英樹氏創業

元ボーリング場経営「日本産業」に破産決定、横井英樹氏創業

東京都目黒区に本拠を置く元ボーリング場経営の「日本産業株式会社」は、3月6日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1956年に設立の同社は、ホテルニュージャパン火災事件などで知られる実業家の故・横井英樹氏が創業したレジャー関連会社で、ボウリング場やパチンコ店の経営を主力に事業を展開していました。

しかし、バブル崩壊による業績の悪化に加え、横井氏がホテルニュージャパン火災事件による業務上過失致死傷罪で禁錮3年の実刑判決を受けたことから、同社の信用も失墜し資金繰りが逼迫したため、2003年に民事再生法の適用を申請し再建を目指していました。

その後は、ボウリング場の経営を続ける一方で、2005年に再生手続が終結したものの、最終的に施設は閉鎖され今回の措置に至ったようです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事