不景気.com > 赤字決算 > 大平洋金属の19年3月期は15億円の営業赤字へ、棚卸資産

大平洋金属の19年3月期は15億円の営業赤字へ、棚卸資産

大平洋金属の19年3月期は15億円の営業赤字へ、棚卸資産

東証1部上場で合金フェロニッケルを製造する「大平洋金属」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が15億8800万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:大平洋金属

売上高営業損益純損益
前回予想 514億9000万円 17億5100万円 42億1700万円
今回予想 483億2700万円 △15億8800万円 20億9100万円
前期実績 412億1000万円 △32億3900万円 △8億1000万円

ニッケル価格の下落に伴い、棚卸資産の簿価切り下げ額として21億9000万円を売上原価に計上することから、営業損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。一方、フィリピンの持分法適用関連会社が業績好調だったことから、持分法による投資利益として24億1600万円を計上するため、純損益は黒字を見込んでいます。

業績予想の修正に関するお知らせ:大平洋金属

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事