不景気.com > 赤字決算 > ダイナパックの18年12月期は8億円の最終赤字へ、設備減損で

ダイナパックの18年12月期は8億円の最終赤字へ、設備減損で

ダイナパックの18年12月期は8億円の最終赤字へ、設備減損で

東証・名証2部上場で段ボールなど包装材製造の「ダイナパック」は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が8億6000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:ダイナパック

売上高営業損益純損益
前回予想 524億円 △4億6000万円 4億3000万円
今回予想 530億円 △4億7000万円 △8億6000万円
前期実績 497億5200万円 3億400万円 12億4400万円

売上高は前回予想を上回ると見込むものの、段ボール原紙価格の再値上げに伴い、生産拠点に対する収益圧迫の影響から、事業用資産の減損損失として15億6600万円の特別損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ダイナパック

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事