不景気.com > 赤字決算 > 東洋製罐の18年3月期は220億円の最終赤字へ、大幅減損

東洋製罐の18年3月期は220億円の最終赤字へ、大幅減損

東洋製罐の18年3月期は220億円の最終赤字へ、大幅減損

東証1部上場で包装容器大手の「東洋製罐グループホールディングス」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が220億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:東洋製罐グループホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 7900億円 300億円 160億円
今回予想 7900億円 300億円 △220億円
前期実績 7794億6900万円 361億8400万円 121億9000万円

売上高および営業損益は前回予想を据え置くものの、子会社「Stolle Machinery Company」(アメリカ)の業績不振に伴い、のれん215億円と無形固定資産155億円の減損損失を計上するほか、国内における飲料用缶・金属缶の需要減に伴い、石岡工場・滋賀工場・千歳工場の固定資産について125億円の減損損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:東洋製罐グループホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事