不景気.com > 企業不況 > 松尾電機が時価総額の猶予期間入り、独禁法関連損失響く

松尾電機が時価総額の猶予期間入り、独禁法関連損失響く

松尾電機が時価総額の猶予期間入り、独禁法関連損失響く

東京証券取引所は、1月4日付で2部上場の電子部品製造業「松尾電機」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日までに時価総額が所要額を超えない場合は上場廃止となります。

コンデンサ事業における独占禁止法の関連損失などで、近年は最終赤字が続くなど厳しい環境に陥っており、同社によると、中期経営計画に基づき売上高・営業利益の増加を目指すほか、独占禁止法に関連する問題の早期解決を図るとのことです。

上場廃止に係る猶予期間入り:日本取引所グループ
当社株式の時価総額に関するお知らせ:松尾電機

関連記事

「企業不況」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事