不景気.com > 海外リストラ > 情報サービス大手の「トムソン・ロイター」が3200名の削減へ

情報サービス大手の「トムソン・ロイター」が3200名の削減へ

情報サービス大手の「トムソン・ロイター」が3200名の削減へ

情報サービス世界大手の「トムソン・ロイター」は、2020年までに全従業員の約12%に相当する3200名の人員削減を実施すると発表しました。

将来に向けた戦略・成長プランの一環として実施するもので、世界の事業拠点数についても約30%を削減し133拠点にする計画です。

なお、同社の部門別売上高比率は、法務部門が43%、法人顧客部門が23%、税務・会計部門が15%、ロイターニュース部門が6%で、人員削減の対象部門は明らかにしていません。

トムソン・ロイター、2020年までに3200人削減へ | ロイター

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事