不景気.com > 赤字決算 > ニチコンの19年3月期は57億円の最終赤字へ、米訴訟和解で

ニチコンの19年3月期は57億円の最終赤字へ、米訴訟和解で

ニチコンの19年3月期は57億円の最終赤字へ、米訴訟和解で

東証1部上場でコンデンサなど電子部品製造の「ニチコン」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が57億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:ニチコン

売上高営業損益純損益
前回予想 1250億円 62億円 43億円
今回予想 1250億円 62億円 △57億円
前期実績 1147億6700万円 61億9700万円 △109億500万円

アメリカにおける電解コンデンサなどの販売において、アメリカ競争法に違反したとして集団民事訴訟を起こされている件で、訴訟の長期化による事業への影響などを勘案し和解することを決定したことから、その和解金として9000万ドル(約101億円)を支払うため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ニチコン

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事