不景気.com > 企業不況 > ワイズテーブルが子会社「CRYSTAL JADE JAPAN」を解散

ワイズテーブルが子会社「CRYSTAL JADE JAPAN」を解散

ワイズテーブルが子会社「CRYSTAL JADE JAPAN」を解散

東証2部上場でレストラン経営の「ワイズテーブルコーポレーション」は、65%出資子会社の「CRYSTAL JADE JAPAN」(東京都港区)を解散および清算すると発表しました。

2007年に設立の同子会社は、シンガポールを拠点に中華料理店を展開するクリスタルジェイドグループとの合弁会社で、日本において「Crystal Jade Shanghai BAR」などの店名で中華レストラン3店舗を運営していました。

しかし、業績が低迷したことから既に3店舗を閉店しており、グループにおける事業の選択と集中を進めるなか、今回の措置に至ったようです。

子会社の解散に関するお知らせ:ワイズテーブルコーポレーション

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事