不景気.com > 国内倒産 > 愛媛の駅弁製造「鈴木弁当店」に破産開始決定

愛媛の駅弁製造「鈴木弁当店」に破産開始決定

愛媛の駅弁製造「鈴木弁当店」に破産開始決定

官報によると、愛媛県松前町に本拠を置く弁当製造の「有限会社鈴木弁当店」は、8月30日付で松山地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1938年から松山駅にて駅弁を販売し、1960年に発売した醤油の炊き込みご飯に鶏肉などのおかずを乗せた駅弁「醤油めし」が大人気となり、松山名物の駅弁の地位を確立するとともに、長きにわたり親しまれていました。

しかし、近年は駅利用者の減少に加え、コンビニエンスストアとの競争激化で売上が減少すると、過去の設備投資などに伴う借入金が資金繰りを逼迫したため、2018年4月2日付で事業を停止し事後処理を進めていました。

負債総額は約7000万円の見通しで、事件番号は平成30年(フ)第215号で、財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は12月10日までです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事