不景気.com > 海外リストラ > 米老舗ブランド「ヘンリベンデル」が全店閉鎖、業績不振で

米老舗ブランド「ヘンリベンデル」が全店閉鎖、業績不振で

米老舗ブランド「ヘンリベンデル」が全店閉鎖、業績不振で

アメリカのアパレルメーカー「エル・ブランズ」は、2019年1月をもって傘下のブランド「ヘンリベンデル」の全23店舗およびインターネット通販サイトを閉鎖すると発表しました。

1895年にニューヨークで創業のヘンリベンデルは、女性用衣料品や服飾小物を展開する老舗ブランドで、ニューヨーク五番街に旗艦店を構え、日本人観光客にも多くのファンを持つなど人気を得ていました。

しかし、近年は販売競争の激化などから業績が悪化しており、エル・ブランズによると「株主利益を鑑み全店閉店を決定した」とのことです。エル・ブランズは、女性用下着ブランドの「ビクトリアズ・シークレット」などを傘下に持っています。

2019 Closure of Henri Bendel Stores and Henri Bendel E-Commerce : L Brands

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事