不景気.com > 海外リストラ > オプティマスがニュージーランドのマヒンドラ車販売から撤退申入れ

オプティマスがニュージーランドのマヒンドラ車販売から撤退申入れ

オプティマスがニュージーランドのマヒンドラ車販売から撤退申入れ

東証2部上場で中古車をニュージーランドへ輸出販売する「オプティマスグループ」は、連結子会社「MD Distributor」(ニュージーランド)が手掛けるインドの自動車メーカー「マヒンドラ&マヒンドラ」製の自動車販売から撤退するべく、メーカーに申し入れを行うと発表しました。

2013年に同事業へ参入すると、マヒンドラ車のディーラーへの輸入卸や一般顧客への小売、部品販売や保守サービスを手掛けてきたものの、メーカーと協調した販売体制を構築できなかったことなどから、業績は想定を下回って推移しており、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、9月末の事業撤退を目指しメーカーと協議を進める方針で、この撤退に伴う連結業績への影響は軽微とのことです。

海外子会社のMahindra&Mahindra製新車輸入販売事業からの撤退のメーカーへの申し入れについて:オプティマスグループ

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事