不景気.com > 国内倒産 > 京都の映画館「京都シネマ」運営の如月社が民事再生法

京都の映画館「京都シネマ」運営の如月社が民事再生法

京都の映画館「京都シネマ」運営の如月社が民事再生法

信用調査会社の帝国データバンクによると、京都府京都市下京区に本拠を置く映画館運営の「株式会社如月社」は、7月9日付で京都地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

2003年に設立の同社は、2004年に烏丸通りの商業施設「ココン烏丸」にて3スクリーン・収容人数254名の映画館「京都シネマ」をオープンすると、単館系の映画を多く上映するなど映画ファンから一定の評価を得ていました。

しかし、大手シネコンの進出による競争激化に加え、映画のネット配信サービスなどの台頭も影響し客足が減少したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億8000万円の見通しです。

映画館「京都シネマ」運営の如月社、民事再生法申請(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事