不景気.com > 国内倒産 > 宮城の微細藻培養「スメーブジャパン」に破産決定、負債4億円

宮城の微細藻培養「スメーブジャパン」に破産決定、負債4億円

宮城の微細藻培養「スメーブジャパン」に破産決定、負債4億円

宮城県石巻市に本拠を置く微細藻培養・販売の「スメーブジャパン株式会社」は、6月11日付で仙台地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2009年に設立の同社は、微細藻「ナンノクロロプシス」の培養を通じて、サプリメント・食品・飼料の開発やバイオ燃料の精製を目指し事業を展開していました。

しかし、事業は軌道に乗らず赤字が続いたほか、工場建設などに伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

河北新報(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約4億5000万円の見通しです。

微細藻の製造販売ベンチャー、スメーブが破産手続き開始 | 河北新報オンライン

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事