不景気.com > 赤字決算 > リコーの18年3月期は1353億円の最終赤字転落、北米不振

リコーの18年3月期は1353億円の最終赤字転落、北米不振

リコーの18年3月期は1353億円の最終赤字転落、北米不振

東証1部上場の事務機器・光学機器大手「リコー」は、2018年3月期決算短信を発表し、当期純損益が1353億7200万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:リコー

売上高営業損益純損益
18年3月期 2兆636億円 △1156億7600万円 △1353億7200万円
前期実績 2兆288億円 338億8000万円 34億8900万円
次期予想 1兆400億円 800億円 470億円

北米市場におけるデジタル化の進展などから、オフィスプリンティング事業の業績が悪化していることから、北米事業における無形資産および有形固定資産の減損損失として301億円、のれんの減損損失として1458億円を計上したため、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

2018年3月期決算短信:リコー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事