不景気.com > 国内倒産 > アパレルメーカー「アイロニー」に破産開始決定、負債1億円

アパレルメーカー「アイロニー」に破産開始決定、負債1億円

アパレルメーカー「アイロニー」に破産開始決定、負債1億円

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都渋谷区に本拠を置くアパレルメーカーの「有限会社アイロニー」は、4月11日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

アイロニーは1996年に創業したアパレルブランドで、2000年に法人化すると、当初のTシャツ・カットソーの取り扱いから、裏原ブームを経て業容を拡大し、原宿に直営店として2店舗を構えるなど、20代女性向けストリートファッションブランドとして人気を得ていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みなどで売上が減少すると、直営店を閉店し、セレクトショップへの卸売に注力したものの、その後も業績悪化の一途を辿ったことから、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事