不景気.com > 国内倒産 > 大阪のライブハウス経営「ミュージックスタッフ」に破産開始決定

大阪のライブハウス経営「ミュージックスタッフ」に破産開始決定

大阪のライブハウス経営「ミュージックスタッフ」に破産開始決定

官報によると、大阪府大阪市に本拠を置くライブハウス経営の「株式会社ミュージックスタッフ」は、4月5日付で大阪地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1972年に設立の同社は、1991年に大阪・難波にてライブハウス「難波ロケッツ」をオープン。難波ロケッツは、L'Arc〜en〜Cielをはじめ、多くの著名ヴィジュアル系バンドが活動の拠点としたほか、クラブとしても多くの著名DJがプレイするなど、大阪の音楽シーンを代表する施設として知られていました。

しかし、娯楽の多様化や環境の変化などから客足が減少すると、2016年2月には難波ロケッツを閉鎖するなど事業継続が困難な状況となり、やむなく今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京商工リサーチによると、負債総額は約2億3000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事