不景気.com > 赤字決算 > 日産車体の18年3月期は45億円の最終赤字へ、不正検査で

日産車体の18年3月期は45億円の最終赤字へ、不正検査で

日産車体の18年3月期は45億円の最終赤字へ、不正検査で

東証1部上場で日産自動車の生産子会社「日産車体」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が45億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:日産車体

売上高営業損益純損益
前回予想 6400億円 125億円 54億円
今回予想 5550億円 △17億円 △45億円
前期実績 5658億2200万円 121億9500万円 82億2300万円

日産自動車における一連の不適切な完成検査問題に絡み、11月上旬の生産再開以降、生産スピードを落として操業していることから、その間の生産台数が約16%減少するなどの影響が出ているため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:日産車体

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事