不景気.com > 国内倒産 > 名古屋の雑貨販売「中部ビクトリアファンシー販売」が破産へ

名古屋の雑貨販売「中部ビクトリアファンシー販売」が破産へ

名古屋の雑貨販売「中部ビクトリアファンシー販売」が破産へ

信用調査会社の東京経済によると、愛知県名古屋市に本拠を置く服飾雑貨品販売の「株式会社中部ビクトリアファンシー販売」は、9月22日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1976年に設立の同社は、バラエティーグッズ専門店や大手スーパーを主な取引先として、ファンシー文具・ギフト・化粧関連品などの雑貨類や、エプロン・かさ・ルームウェアなどの服飾関連品、キャンディ・チョコなど食品の卸販売を主力に事業を展開していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みなどで売上が減少すると、資金繰りの行き詰まりから所有不動産の差押えを受けるなど信用不安が広がり、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約10億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事