不景気.com > 国内リストラ > 味の素が生産拠点を集約、川崎と高槻の2工場を閉鎖へ

味の素が生産拠点を集約、川崎と高槻の2工場を閉鎖へ

味の素が生産拠点を集約、川崎と高槻の2工場を閉鎖へ

東証1部上場の調味料大手「味の素」は、調味料・加工食品の5つの生産拠点を3拠点に集約すると発表しました。

閉鎖の対象となるのは、子会社「クノール食品」の川崎事業所(神奈川県川崎市)と、子会社「味の素パッケージング」の関西工場(大阪府高槻市)で、それぞれ「味の素」の川崎事業所と東海事業所(三重県四日市市)内に新工場を建設し、業務を移管する予定です。

設備が老朽化していることに加え、最先端設備による徹底した生産効率化が目的で、新工場の設備投資などで約400億円を投資する見込みです。なお、それぞれの従業員については、集約先の新拠点などに配置転換する方針です。

味の素グループ:国内調味料・加工食品生産体制を再編

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事