不景気.com > 国内倒産 > ニット卸の「シービコーポレーション」が特別清算、負債35億円

ニット卸の「シービコーポレーション」が特別清算、負債35億円

ニット卸の「シービコーポレーション」が特別清算、負債35億円

大阪府大阪市に本拠を置くニット製品卸の「株式会社シービコーポレーション」は、10月27日付で大阪地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1975年に創業の同社は、全国の量販店・専門店・百貨店を主な取引先として、ニット製品をはじめとする婦人服の卸売りを主力に事業を展開するほか、過去には直営店も展開するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで売上が減少すると、ファストファッションなどとの競争激化も重なり業績が悪化したため、今年2月には事業を停止し、9月30日の株主総会で解散を決議していました。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、関連の「株式会社シービ商事」にも同様の措置が取られ、2社合計の負債総額は約35億円の見通しです。

シービコーポレーション、特別清算開始 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事