不景気.com > 国内倒産 > 岐阜のスーパー・旧「フードセンター富田屋」に特別清算決定

岐阜のスーパー・旧「フードセンター富田屋」に特別清算決定

岐阜のスーパー・旧「フードセンター富田屋」に特別清算決定

岐阜県大垣市に本拠を置いていたスーパーマーケット経営の「株式会社FT商事」(旧商号:株式会社フードセンター富田屋)は、3月25日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1945年に創業の同社は、1970年に「トミダヤ」の屋号でスーパーマーケットを開店すると、大垣市および近隣市にて店舗網を拡大し、2005年8月期には約339億円の売上を計上するなど業績は好調に推移していました。

しかし、近年は大手スーパーの出店などで競争が激化しており、2014年8月期の売上高はピーク期の約半分に落ち込んだほか、継続的な営業赤字で資金繰りが逼迫するなど単独での経営再建が困難な状況に陥っていました。

そのため、同社は「地域経済活性化支援機構」に支援を求め、2015年8月に機構からの再生支援が決定したため、事業再生計画の一環として新会社「株式会社トミダヤ」を設立し事業を継承する一方、自らは清算目的会社として現商号へ改称し事後処理を進めていました。

帝国データバンクによると、負債総額は約87億円の見通しです。

フードセンター富田屋に対する再生支援決定について:地域経済活性化支援機構

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事