不景気.com > 国内倒産 > 美術誌「美術手帖」出版の「美術出版社」が民事再生法申請

美術誌「美術手帖」出版の「美術出版社」が民事再生法申請

美術誌「美術手帖」出版の「美術出版社」が民事再生法申請

東京都千代田区に本拠を置く出版社の「株式会社美術出版社」は、3月4日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1944年に設立の同社は、美術関連の雑誌・書籍を発行する老舗出版社として知られ、1948年創刊の月刊美術誌「美術手帖」をはじめ多数の美術書を手掛けるほか、ワイン専門誌「ワイナート」やデザイン関連誌「デザインの現場」などの発行を行っていました。

しかし、デジタル化の進展に伴う売上の減少で業績が悪化すると、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、負債削減による経営の安定化を目的として今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約19億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事