不景気.com > 企業不況 > 新日本ソーラーシリコンが解散、JNC・NMM・東邦チタの合弁

新日本ソーラーシリコンが解散、JNC・NMM・東邦チタの合弁

新日本ソーラーシリコンが解散、JNC・NMM・東邦チタの合弁

「JNC」が50%、「JX日鉱日石金属」が30%、「東邦チタニウム」が20%をそれぞれ出資する「新日本ソーラーシリコン株式会社」(茨城県神栖市)は、12月22日付で解散すると発表しました。

2008年に設立の同社は、太陽光発電向けポリシリコンの製造・販売を主力に事業を展開していたものの、主要市場の欧州における景気減退や中国をはじめとする新興国メーカーとの競争激化により採算が悪化したため、2013年2月には出資する3社の合意により同事業からの撤退を決定していました。

その後は事後処理を進め、鹿島工場の撤去工事が今年度中をめどに完了することとなったため、解散および清算の措置に至ったようです。

関連会社の解散および清算に関するお知らせ:東邦チタニウム

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事