不景気.com > 国内倒産 > 大阪の食肉卸「萬野畜産」が自己破産申請し倒産へ、産地偽装で

大阪の食肉卸「萬野畜産」が自己破産申請し倒産へ、産地偽装で

大阪の食肉卸「萬野畜産」が自己破産申請し倒産へ、産地偽装で

大阪府守口市に本拠を置く食肉卸の「株式会社萬野畜産」は、9月16日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1981年に設立の同社は、北海道産をはじめとする国産牛肉を主力に豚肉や外国産の食肉も取扱い、百貨店や食肉加工業者への卸売りを中心として事業を展開していました。

しかし、口蹄疫問題による消費者の食肉不安などから業績が悪化すると、今年8月には過去7年間にわたる牛肉の産地偽装が発覚したことで信用が失墜したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約12億円の見通しです。

食品偽装が発覚した萬野畜産が破産申請へ(東京商工リサーチ) Yahoo!ニュース
農林水産省/株式会社 萬野畜産における牛肉の不適正表示に対する措置について

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事