不景気.com > 赤字決算 > 関西電力の第2四半期は営業損益400億円の赤字へ

関西電力の第2四半期は営業損益400億円の赤字へ

関西電力の第2四半期は営業損益400億円の赤字へ

東証・名証1部上場の「関西電力」は、2015年3月期第2四半期連結業績予想を下方修正し、四半期営業損益が400億円、同純損益が290億円のそれぞれ赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2015年3月期第2四半期連結業績予想:関西電力

売上高営業損益純損益
前回予想 1兆7200億円 未定 未定
今回予想 1兆7000億円 △400億円 △290億円
前年同期 1兆6114億円 539億3000万円 150億8100万円

原子力発電所が稼働しなかったことによる火力燃料費や購入電力料の増加で厳しい環境が続いているため、営業損益・純損益ともに赤字見通しとなりました。なお、通期業績予想については供給力の見通しが不透明なため引き続き未定としています。

業績予想の修正に関するお知らせ:関西電力

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事