不景気.com > 国内倒産 > 長崎のまき網漁「まる川漁業」「丸福漁業」など3社が破産へ

長崎のまき網漁「まる川漁業」「丸福漁業」など3社が破産へ

長崎のまき網漁「まる川漁業」「丸福漁業」など3社が破産へ

信用調査会社の東京商工リサーチによると、長崎県新上五島町に本拠を置く「まる川漁業」、長崎県長崎市に本拠を置く「丸福漁業」、佐賀県唐津市に本拠を置く「悠久漁業生産組合」のまき網漁業3社は、事後処理を弁護士に一任し自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

まる川漁業は1934年に創業、丸福漁業は1953年に創業、悠久漁業生産組合は1927年に創業。3社は大中型まき網漁を手掛け、アジ・サバなどの漁獲を中心に事業を展開していました。

しかし、漁獲高の減少や魚価の下落で業績が悪化すると、燃料費の高騰や船舶関連費用の借入金が資金繰りを逼迫したため、3社の事業を新会社へ移管し再起を図る一方、3社は債務整理を目的として今回の措置に至ったようです。

負債総額はまる川漁業が約44億円、丸福漁業が約23億円、悠久漁業生産組合が約10億円の見通しです。

事業は新会社が継承、破産に至ったまる川漁業ほか2社 - ライブドアニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事