不景気.com > 赤字決算 > パイオニアの第2四半期は純損益49.51億円の赤字継続

パイオニアの第2四半期は純損益49.51億円の赤字継続

パイオニアの第2四半期は純損益49.51億円の赤字継続

東証1部上場で電気機器製造の「パイオニア」は、2014年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が49億5100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2014年3月期第2四半期連結業績:パイオニア

売上高 営業損益 純損益
14年3月期(2Q) 2363億3000万円 5億6900万円 △49億5100万円
前年同期 2245億7700万円 31億5300万円 △75億円
通期予想 5050億円 100億円 5億円

市販カーナビゲーションシステムや光ディスクドライブ関連製品の不振が続いた一方、円安の影響による利益の回復で第1四半期に比べ業績は回復傾向にあるものの、累計期間では第1四半期の損失をカバーするまでには至らず純損益は赤字継続となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2014年3月期第2四半期決算短信:パイオニア

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事