不景気.com > 国内倒産 > ゴスロリ系ブランド「ピースナウ」が自己破産申請し倒産へ

ゴスロリ系ブランド「ピースナウ」が自己破産申請し倒産へ

ゴスロリ系ブランド「ピースナウ」が自己破産申請し倒産へ

東京都渋谷区に本拠を置くアパレルメーカーの「ピースナウ」は、3月7日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

2001年に設立の同社は、「ブラック・ピース・ナウ」や「ピース・ナウ」「BPN・フォー・メン」などのブランド名で若者向けにゴスロリ系ファッションを手掛け、ファッションビルを中心に直営店・FC店あわせて20店舗以上を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、個人消費の落ち込みによる販売不振に加え、同ジャンルのブランドが乱立したことによる競争激化も重なり業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約4億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事