不景気.com > 国内倒産 > 「グランドホテル浜松」運営の聴涛館が会社更生法申請

「グランドホテル浜松」運営の聴涛館が会社更生法申請

「グランドホテル浜松」運営の聴涛館が会社更生法申請

静岡県浜松市に本拠を置くホテル経営の「聴涛館」は、3月18日付で静岡地方裁判所浜松支部へ会社更生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1993年に設立の同社は、他社の買収などを経て浜松市内のシティーホテル「グランドホテル浜松」の経営を主力に事業を展開し、同ホテルは客室数316室のほか結婚式・宴会場やレストランを備えるなど当地の有力ホテルとして知られていました。

しかし、景気低迷による宿泊・宴会需要の減少に加え、近隣ホテルとの競争激化で業績が悪化したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約58億円の見通しです。

関連記事

最新記事

アクセスランキング