不景気.com > 海外リストラ > 米金融大手の「シティグループ」が1万1000名の人員削減へ

米金融大手の「シティグループ」が1万1000名の人員削減へ

米金融大手の「シティグループ」が1万1000名の人員削減へ

アメリカの金融大手「シティグループ」は、全従業員の約4%に相当する1万1000名の人員削減を実施すると発表しました。

パキスタン・ルーマニア・トルコ・パラグアイ・ウルグアイをはじめとする個人向け銀行部門において6200名、機関投資家向け部門で1900名を削減するほか、アメリカ・ブラジル・香港・韓国・ハンガリーにおいて店舗網を縮小する方針です。

なお、この施策に伴うリストラ費用として約10億ドル(約820億円)を計上する一方、2014年以降において年間で約11億ドル(約900億円)のコスト削減効果を見込むとのことです。

同社では2011年末にも4500名の人員削減を明らかにしたものの、依然として厳しい環境が続いていることから、さらなる合理化が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

Citigroup : Repositioning Actions to Further Reduce Expenses

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事