不景気.com > 国内倒産 > 秋田の温泉ホテル「丸富ホテル」が2度目の不渡りで倒産

秋田の温泉ホテル「丸富ホテル」が2度目の不渡りで倒産

秋田の温泉ホテル「丸富ホテル」が2度目の不渡りで倒産

秋田県三種町に本拠を置くホテル経営の「丸富観光」は、9月20日に2度目の不渡りを出し銀行取引停止処分となったため、事実上倒産したことが明らかになりました。

1955年に創業の同社は、森岳温泉で最大規模の宿泊施設「丸富ホテル」の経営を手掛け、同ホテルは客室数71室・収容人数320名に宴会場やボーリング場を備えた大型ホテルとして知られていました。

しかし、景気低迷による客足の落ち込みで業績が悪化すると、資金繰りの行き詰まりから水道使用料を滞納したため、今月に入り供給を停止されたことで休業を余儀なくされていました。

負債総額は約9億円の見通しです。

丸富ホテルが倒産、三種町 休業で資金繰りに窮す|さきがけonTheWeb

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事