不景気.com > 国内倒産 > 医療法人社団誠和会に破産開始決定、民事再生から移行

医療法人社団誠和会に破産開始決定、民事再生から移行

医療法人社団誠和会に破産開始決定、民事再生から移行

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都墨田区に本拠を置く「医療法人社団誠和会」は、5月31日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1937年に外科系を中心とする「白鬚橋病院」として診療を開始し、1956年に医療法人社団として設立した同法人は、建物の全面新築および新館増築などの積極的な投資に加え、老人保健施設やリハビリセンターなどへも事業を拡大していました。

しかし、積極的な設備投資が裏目となり経営が悪化したことから、2011年12月には民事再生法の適用を申請し再建を目指したものの、病院の経営を別法人が引き継ぐこととなったため、再生手続きを廃止し破産手続きへの移行となったようです。

民事再生法の申請時における負債総額は50億円です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事