不景気.com > 国内リストラ > ホッコクが退職勧奨で20名の削減へ、従業員の給与10%減額も

ホッコクが退職勧奨で20名の削減へ、従業員の給与10%減額も

ホッコクが退職勧奨で20名の削減へ、従業員の給与10%減額も

「どさん子ラーメン」を展開するジャスダック上場の飲食業「ホッコク」は、人員削減や給与減額を含む経営合理化策の実施を発表しました。

人員削減においては、正社員・契約社員・嘱託社員・パートアルバイトを対象として退職勧奨により20名を削減する方針。一方、人件費削減においては、正社員・契約社員・嘱託社員を対象として10%を上限に給与を減額するほか、定期昇給の停止や従業員賞与の支給を停止するとのこと。

景気低迷による業績の悪化に加え、今後も東日本大震災による影響が続くと予想されることから、業績回復には抜本的な構造改革が急務と判断し今回の決定に至ったようです。

人員削減等を含む経営合理化の取り組みに関するお知らせ:ホッコク

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事