不景気.com > 国内倒産 > 新潟の工具製造「相伍工業」が破産申請へ、再生手続廃止で

新潟の工具製造「相伍工業」が破産申請へ、再生手続廃止で

新潟の工具製造「相伍工業」が破産申請へ、再生手続廃止で

新潟県三条市に本拠を置く作業工具製造の「相伍工業」は、2月28日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1928年に鍛造農具製造の「相田鉄工所」として創業の同社は、1958年から作業工具の製造に進出し、以後は「AIGO」ブランドの名称でスパナ・レンチ・プライヤーなどの製造を主力に事業を展開していました。

しかし、受注の減少や円高による輸出低迷に加え、設備投資などの借入金が資金繰りを逼迫したため、昨年9月17日付で新潟地方裁判所へ民事再生法の適用を申請。その後は再生手続による再建を目指したものの、引き続く業績の低迷で支援スポンサーの選定が進まず、再建を断念し今回の決定に至ったようです。

民事再生法申請時の負債総額は約10億円

相伍工業:自己破産へ 再生手続き進まず - 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事