不景気.com > 国内倒産 > 岐阜のゴルフ場経営「岐阜東濃土地建物」が民事再生法を申請

岐阜のゴルフ場経営「岐阜東濃土地建物」が民事再生法を申請

岐阜のゴルフ場経営「岐阜東濃土地建物」が民事再生法を申請

岐阜県関市に本拠を置くゴルフ場経営の「岐阜東濃土地建物」は、2月3日付で名古屋地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

2004年に設立の同社は、岐阜県瑞浪市のゴルフ場「グリーンヒル瑞浪ゴルフ倶楽部」の営業権および施設の譲渡を受けゴルフ場経営を開始。同ゴルフ場は南斜面に展開する戦略的な丘陵コースで、全組セルフプレーを売りにした割安なプレー料金が人気を得ていました。

しかし、個人消費の低迷などから客足は落ち込み売上が減少。また、預託金返還請求が資金繰りを逼迫し、自力での再建を諦め今回の措置に至ったようです。

信用調査会社などによると負債総額は約42億円で、今後は営業を続けながら再建を目指す見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事