不景気.com > 海外リストラ > 通信会社「スプリント・ネクステル」が最大2500名の人員削減

通信会社「スプリント・ネクステル」が最大2500名の人員削減

通信会社「スプリント・ネクステル」が最大2500名の人員削減

アメリカの携帯・固定電話サービス「スプリント・ネクステル」は、2,000~2,500名に及ぶ人員削減の実施を明らかにしました。

これは、同社全社員の6%に相当する人員で、年間3億5,000万ドル(約315億円)を目標とするコスト削減策の一環として行われるもの。

同社では、すでに一時解雇や別会社への出向等を含め相当数の削減を実施しており、今年に入ってからの削減数は今施策を含めると総勢16,500名規模に達する見通し。

落ち目の固定電話サービスのみならず、携帯電話サービスにおいても競争激化を理由に回線数を減らしているため、抜本的なリストラ策により経営を立て直す狙いがあるようです。

Sprint Nextel, Actions to Reduce Labor Costs by at Least $350 Million

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事