不景気.com > 国内倒産 > シルバーオックスが破産手続開始受け倒産、上場廃止へ

シルバーオックスが破産手続開始受け倒産、上場廃止へ

シルバーオックスが破産手続開始受け倒産、上場廃止へ

東証・大証1部上場の肌着メーカー「シルバーオックス」は、大阪地方裁判所から破産手続開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1948年に「内外衣料製品」として設立した同社は、男性・女性向け肌着を主力として事業を展開。1963年に大証2部、1998年に東証2部上場を果たすと、2000年には東証・大証1部へ鞍替えし、経営は順調に推移していました。

しかし、2000年3月期をピークに売上は減少。昨今の景気悪化の影響を受け、1回目の不渡りを出し経営は逼迫。その後も、子会社売却などで事業継続を図ったものの、状況を改善するには至らず、今回の破産申請になった模様。

また、同社の連結子会社である「シロックス物流」も、同日、大阪地方裁判所に民事再生法の適用を申請。

シロックス物流は、「佐川グローバルロジスティクス」への売却で合意していましたが、事業譲渡までに運転資金が不足することが明白なため、やむなく法的整理を申請。今後は、佐川社のもとで再生を目指すとのこと。

負債総額は、シルバーオックスが約57億円、シロックス物流が約11億円の見通し。

2009年における上場企業の倒産件数は、19社目

破産手続開始申立及び決定に関するお知らせ

当社連結子会社であるシロックス物流株式会社の民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事