不景気.com > 企業不況 > ダイジェット工業が超硬切削工具の製造子会社を解散へ

ダイジェット工業が超硬切削工具の製造子会社を解散へ

ダイジェット工業が超硬切削工具の製造子会社を解散へ

東証1部上場で、金型加工用工具や超硬エンドミル・ドリル等を製造する「ダイジェット工業」は、子会社「ダイジェット・カッティングツール株式会社」の解散を明らかにしました。

超硬切削工具の製造を行うカッティングツール社は、1985年に設立されたダイジェット工業の100%出資子会社。

ダイジェット工業は解散の理由として、同社事業との重複が発生しているためと説明。経営の効率化を図るための子会社解散とのことです。

今後は、9月30日に解散となり、12月をめどに会社清算が完了する見通し。

子会社の解散に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事