不景気.com > 国内リストラ > アデランスが店舗閉鎖を含む経営改革へ、スティール傘下で

アデランスが店舗閉鎖を含む経営改革へ、スティール傘下で

アデランスが店舗閉鎖を含む経営改革へ、スティール傘下で

国内かつら大手「アデランスホールディングス」は、店舗閉鎖や資産売却等を含む経営改革案を発表し、スティール傘下での事業再構築に着手することを明らかにしました。

それによると、「アデランス」「フォンテーヌ」「サロン事業」において、不採算店舗である約30店舗を閉鎖・縮小する見通しで、これにより年間6億円のコスト削減効果を見込むとのこと。

また、国内外の子会社を統合することにより中心事業である「かつら事業」に注力する体制を強化するほか、不動産(簿価40億円)や有価証券(簿価約95億円)など中心事業以外の資産の清算・売却を実施する予定。

激しい経営権争いの結果、アメリカの投資ファンド「スティール・パートナーズ」がアデランスHDの実質的な経営権を握ったなか、抜本的な改革で経営の立て直しを目指す模様。

「アデランスグループ経営改革"DIO(ディオ)"の骨子」に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事