不景気.com > 海外リストラ > ホンダがメキシコでの四輪車生産を1工場に集約

ホンダがメキシコでの四輪車生産を1工場に集約

ホンダがメキシコでの四輪車生産を1工場に集約

東証1部上場の自動車メーカー「ホンダ」のメキシコ現地法人「ホンダ・デ・メキシコ・エス・エー・デ・シー・ブイ」(ハリスコ州エルサルト市)は、2020年初めにメキシコでの四輪車生産を1工場に集約すると発表しました。

メキシコにおける適正な生産体制の構築を目的として、グアダラハラ工場とセラヤ工場の2拠点で行ってきた四輪車の生産を、セラヤ工場に移管・集約する計画です。

グアダラハラ工場では、これまでに小型SUVの「HR-V」(日本名:ヴェゼル)の生産を行ってきたものの、生産の移管後は二輪車・パワープロダクツ製品・補修部品の生産に集中する予定です。

ホンダは、世界的な生産拠点の再編を進めており、埼玉の寄居工場やイギリス・スウィンドン工場の閉鎖に加え、トルコ・アルゼンチンでの自動車生産の終了を決定しています。

Honda | メキシコにおける四輪完成車生産体制の変更について

「海外リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事