不景気.com > 国内倒産 > 全自動衣類折畳機「ランドロイド」のセブン・ドリーマーズが破産

全自動衣類折畳機「ランドロイド」のセブン・ドリーマーズが破産

全自動衣類折畳機「ランドロイド」のセブン・ドリーマーズが破産

東京都港区に本拠を置く「セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社」は、4月23日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受けたと発表しました。

2014年に設立の同社は、全自動衣類折り畳み機「ランドロイド」の開発を主力に事業を展開し、洗濯後に衣類を折り畳む手間が省ける製品として、国内のみならず世界中から大きな注目を集めていました。また、いびき対策の医療機器「ナステント」や、カーボンゴルフシャフトの製造・販売を手掛けていました。

しかし、ランドロイド事業において、開発費の増加や開発計画の遅延で販売にこぎつけず、2018年11月にはゴルフシャフトの製造を行うカーボン事業を譲渡するなど生き残りを目指したものの、資金繰りが行き詰まり今回の措置に至ったようです。

今後は、事業を譲渡する目的で、当面は営業を継続する方針です。負債総額は、帝国データバンクによると約22億円、東京商工リサーチによると約12億円です。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事